読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開催直前! AWS Summit Tokyo 2013 を120% 楽しむために実践すべき4つのこと

cloudpackエバンジェリスト吉田真吾@yoshidashingo)です。

いよいよ AWS Summit Tokyo 2013 が、明日2013/6/5(水)-6(木)に迫って参りました。

ここでは私の独断と偏見で AWS Summit Tokyo 2013 の2日間を楽しみきるためのたった4つの方法について簡単に解説します。

1. キーノートに遅刻しない

キーノートでは、1日目、2日目ともに、ここでしか話を聞けない人(AWS の CTO Werner Vogelsとか)の話があったり、新サービスや機能追加が発表される可能性が高いです。

6/5(水)は 10:00 にグランドプリンスホテル新高輪にいたほうがいいですよ。

2. Twitter を活用しよう

サミットでは、普段ユーザーグループで使っている #jawsug タグ以外に、専用のハッシュタグが設定されると思います。
ちなみに昨年は #awstokyo でした。
(2013.6.5追記)今回のハッシュタグ#awssummit で統一されるらしいです!
フォローしてないユーザーとも同じタグで盛り上がれますし、複数トラックに分かれても各トラックごとのタグをつけてつぶやいてくれる人がおり、隣のトラックの様子がチェックできると思います。
ぜひ活用を!

3. 展示ブースにも積極的に遊びに行こう

トラックに登録していなかったり、ちょっとのんびりAWSパートナーのソリューションの話が聞きたい人は展示ブースに遊びに行きましょう。
昨年、私はここで、RiGHT SCALE や、サーバーワークス、cloudpackや、Datapipe、Equinix といったパートナーのソリューションを初めて知ることになりました。

また、展示ブースのミニシアターのタイムテーブル も公開されています。
昨年からエンタープライズ分野でのAWS活用事例が非常に増えておりますので、たとえばiSiDの渥美さんの「「エンタープライズの真ん中にAWS」を10分で語る!〜AWSで業務システムを安心・安全に。ISIDの取組みの全貌〜」など、個人的に聞いてみたいセッションが多いですね。


あと、例年 RedHat のブースのお姉さんは非常にハイレベルというか(ゲフンゲフン... 弊社cloudpackの美人広報もこういうタイミングでしか表に出ませんよ的な(ゲフンゲフン...

4. JAWS-UG東京まで遊び尽くせ!

2日目夕方には、AWSのユーザーグループ JAWS-UG 東京支部の勉強会が開催されます。
オバマ大統領の選挙にボランティア参加したSA、マイルズワードさんが「Game Day」と言う「絶対にシステムを壊したいチーム」と「絶対にシステムを守りたいチーム」に分かれて実際に攻防を繰り広げる、そんな ほこ×たて なイベントについて話をします。

実際に今週土曜日、東京でも Game Day を体験できるイベントが開催されます。

また、この勉強会の最後には「AWS ウルトラクイズ大会」が開催されます。

昨年のAWSウルトラクイズで優勝した私は、これを機会に非常に多くのAWSユーザーとのつながりが増え、ラスベガスに無料で招待され、オンプレのアプリケーションエンジニアから、AWS専業のサービスのエバンジェリストになりました。

今年伝説になるのはあなたですよ!!


といったことで、参考になったか分かりませんが、みんなで2日間楽しみきりましょう!!