JeffConf HamburgでOne Communityを感じてきた

セクションナイン吉田真吾@yoshidashingo)です。

2018.2.15,16の2日間、ハンブルクで開催されたJeffConf Hamburgのカンファレンス(16日開催)に参加してきました。ロンドン、ミラノに続く3回目のJeffConf、かつ最後のJeffConfでした。

Guten Morgen, Hamburg!! #jeffconf

Togetterまとめ

togetter.com

What is "Jeff" ?

さて、JeffConfって何をカンファレンスするのだと疑問に感じた人もいるかもしれません。逆にわかってる人はちょっとしたサーバーレス事情通ですね。

サーバーレスがバズワードになって騒がれていた当初、こんな記事をPaul Johnstonが書きました。

serverless.zone

ちなみに彼は現在AWSのシニア・デベロッパー・アドボケイトになり、今回のJeffConfもその立場として講演をしていました。

コンテナ上のFaaSはサーバーレスか

で、ちょっと目を引くエントリーを彼のMediumから見つけたので紹介。fissionやkubeless、またOSSのFaaS(OpenWhiskやOpenFaaS、fnあたり)はサーバーレスかという話題ですね。彼の意見としては「管理しなければいけない」という時点で矛盾しているとのこと。

hackernoon.com

私も同様に、サーバーレスはITサーマネの中でのパラダイムシフト、つまり機能性に限らず非機能性についてカバーされており、その点を議論の対象範囲として常にしておく必要があるという点で違うかなと思っています。たとえば、Lambdaが使いにくいなら自分でFaaSソフトウェアをローカルやAWS上にホストしちゃえばいいじゃんというのは、スケーラビリティ管理やエラー時のふるまいの実装などの非機能性を考慮しないことになってしまうので、サービスマネジメントの見地からすると片手落ちだよね、という話です。当然FaaSもそれを実現するソフトウェアも中身は同じ(たとえばOpenWhiskはFaaSソフトウェア、それをサービス提供しているのがIBM Cloud Functions)ですので、機能性に関する議論はどしどしやるべきですけどね。

ここらへんの話は4月あたりにコンテナ系のイベントのトピックの1つで話すかもしれません。(Observabilityの話のほうがメインになると思いますけど)

Code of Conduct の事前説明

本編始まる前ですが、運営メンバーがCode of Conductに関する説明、つまりどのようなことをしてはいけないか、不快な出来事に遭遇したら誰に伝えれば良いか、どこにメールすれば良いかなどをきっちりと説明していました。これによってみんなで快適に過ごせるように努めていこうという空気感になったので、自分のオーガナイズするものでも取り入れて行きたいなと思った次第です。

The Road to Serverless Days

  • 2016年にAnt Stanleyによって生み出されて成功したServerlessconfですが、彼が独立したあとに自身で始めたServerlessconfのオルタナティブなカンファレンスがJeffConfです。

Ant Stanley!!

  • イベントでこだわっているメッセージ性「One Day, One Track, One Community」、また、華美な実装をせず協会や美術館といったレガシーを活用した低予算、手弁当での運営というのが特徴ですが、箱物の質素さに比べて、CoCの実践(実際に不快なツイートは直接削除要請などしていた)や、セッション間のコミュニケーションの促進など、快適で知見の共有に本質的な場づくりにこだわっているなと感じました。実際お昼ご飯を食べながらServerless, inc. のメンバーとEvent Gatewayに関するディスカッションなどができたのは非常に良かったです。
  • スポンサーはブースなどをしっかり構えられる印象ではないので、商業的なメリットについては多く望めない(オーガナイザーとしてこのバランスをどうとらえるべきかは難しい)とは思いました。
  • JeffConfは今回のHamburg開催を最後に、今後はServerless Daysに名称変更して開催されます。初回は今年の7月にロンドンで開催されることがアナウンスされています。Antに聞いたら、ワークショップが3日間、カンファレンスが1日というラーニングイベントになるようです。
  • 実は2016年にNYCでサーバーレス周辺の文脈の広がりに衝撃を受けて即日東京開催のライセンスの会話をAntとして以来、1年半以上ぶりに会ったので感慨深かったです。

Malwineのグラレコとともに送るセッションスライド&ツイート

RubyGirlで日本の漫画・アニメが大好きなMalwineがセッションのグラレコを担当していました。登壇者にも参加者にも大好評だったので、これとともにセッションスライドを並べておきます。

Why the fuss about serverless

www.slideshare.net

長年IT業界を見てきた@swardleyさんにおけるIT組織戦略、本物のCEOがやるべき仕事の話。

medium.com

戦略がよくわからないCEOは以下の文言を自社の戦略として掲げると耳障りが良い(中身はないけど)ので自由に使ってね、というのもなかなか皮肉が効いてて面白かったです。

What is my Strategy?

blog.gardeviance.org

You shall not FaaS

speakerdeck.com

Real-Time Serverless Back Ends with GraphQL

speakerdeck.com

Using the Event Gateway To Build Multi-Cloud Serverless Applications

www.slideshare.net

Serverless Data Warehousing & Data Analysis on AWS

speakerdeck.com

Serverless in production, an experience report (JeffConf)

www.slideshare.net

How to Sell Serverless to Your Colleagues

www.slideshare.net

Serverless Gotchas

docs.google.com

Putting the F in FaaS

speakerdeck.com

Intro to Fn in 10 Minutes

speakerdeck.com

Serverless Machine Learning

Serverless Machine Learning

その他 (スライドはまだ上がってなさそう)

ハンブルク観光

  • Westin Hamburgに泊まったんですが、ここ自体がハンブルクにおける観光名所になっているみたいで、とても賑わっていました。

土曜の朝だからか静か

  • Westinのすぐ隣が倉庫街で、またLove padlocks(愛の南京錠)などもあり、観光はしやすかったです。

倉庫街だね

いたるところに錠前がかけてあるのなんなんだろ

別の橋にも錠前が

  • 今回現地の人におすすめの観光地を聞いたらレイパーバンとかフィッシュマーケットを勧められたんですがいずれも時間帯が合わず、倉庫街の一角にあるミニチュアワンダーランドにだけ行ってきました。結果、これが大正解でした。広大な倉庫内の3Fと4Fにさまざまな名所がミニチュアで再現されていましたが、とにかく造形が細かい、かつ広い。2時間ではすべて回りきれなかったので今度はまだ子供が小さいうちに家族で遊びに来たいなと思いました。

家族連れが多くてまだまだ待ちそう

こまかいなぁ

Instagram post by @yoshidashingo • Feb 17, 2018 at 2:11pm UTC

Instagram post by @yoshidashingo • Feb 17, 2018 at 2:11pm UTC

Instagram post by @yoshidashingo • Feb 17, 2018 at 2:12pm UTC

Instagram post by @yoshidashingo • Feb 17, 2018 at 2:13pm UTC

Instagram post by @yoshidashingo • Feb 17, 2018 at 2:15pm UTC

Instagram post by @yoshidashingo • Feb 17, 2018 at 2:17pm UTC

Instagram post by @yoshidashingo • Feb 17, 2018 at 2:18pm UTC

Westin Hamburgのフィルハーモニーセンターもあった

ミニチュアワンダーランドとにかく広かった

ここも圧巻の広さ&奥行きだった

Pixel 2 と Project fi について

  • 今回パリとハンブルクを短時間で周らないといけないのでモバイル回線どうしようかと思い、Project fiを使いたくひさしぶりにAndroid機であるPixel2を買いました。普段はiPhone/iPad/Macが主体なので接続性がよくないかなと心配してましたが、実際さほどMacとは良くないんですがそれ以上のアドバンテージがいくつかありました。
  • Pixel2にeSIMとして搭載されるProject fiは、通常のnanoSIMと切り替えて使うことができるので、海外に着いたらProject fiに切り替えて普段使いとのギャップなく快適に利用できます。ハンブルクで一部LTEが有効にならないときがありましたが、海外どこに行っても回線に困らないのは本当に快適です。アメリカの電話番号から電話もできますし、ほとんどのローミング可能な事業者でさえ対応していないルワンダあたりもカバーしてますしね。
  • 普段はiPhoneXのカメラで写真を撮ることが多いですが、Pixel 2のほうがきれいな写真が撮れるなと感じました。上記のインスタ画像、ミニチュアワンダーランドの外観や南京錠(いっぱいかかってるほう)が少し白く飛んでますが、それがiPhoneXで、それ以外はほぼPixel2だったと思います。