Serverlessconf Tokyo 2017 開催報告

セクションナイン吉田真吾@yoshidashingo)です。

2017/11/2-3の2日間にわたり今年もServerlessconf Tokyo 2017を開催したのですが、まとめた数字やフィードバックなどを共有してませんでしたので、簡単に共有して開催報告といたします。

IMG_6427

イベントの"数字"

  • チケット登録者数 Total Tickets: 463名

IMG_5846

2017/11/2(Thu) Workshop

  • 5つのオリジナル・ワークショップ
    • Serverless Tech Challenge with AWS Serverless Services (AWS provided)
    • Create A Trainable Bot as a Service with Azure Functions and Logic Apps (Microsoft provided)
    • Build your own serverless video sharing website with Lambda, API Gateway and Firebase (A Cloud Guru & Serverless Community(JP) members provided)
    • Develop a Serverless Weatherbot with IBM Cloud Functions, Apache OpenWhisk and the Serverless Framework (IBM provided)
    • Introducing a new event-driven world with Serverless Framework (Serverless Community(JP) members provided)
  • 参加者 Attendees: 95名

IMG_5657 DSC_9341 IMG_5601

2017/11/3(Fri) Conference

  • 講演 Sessions: 21本 + LT 6本
  • 参加者 Attendees: 379名

IMG_5986 IMG_5896 IMG_5886 IMG_6051 IMG_6061 IMG_6241 IMG_6219 IMG_5963 IMG_6288

アンケート結果 Summary of Survey

2017/11/2(Thu) Workshop

  • 有効回答数 Numbers:54
  • 全体満足度 Totally Satisfaction:4.40 (以降すべて5段階)
  • 難易度 Difficulty:3.33
  • 時間の長さ Length:3
  • スタッフのサポート Support:4.3
  • 会場 The Venue:4.44

2017/11/3(Fri) Conference

  • 有効回答数 Numbers:129
  • 全体満足度 Totally Satisfaction:4.52
  • セッション・スピーカー Speakers:4.45
  • 会場 The Venue:3.86
  • スタッフ Staff:4.48
  • 食事 Meal:3.99
  • イベントは自身の期待に答えたか:4.48
  • このイベントを友人知人に勧めたい(これのみ10段階):8.65

その他フィードバック Feedback

個々のアンケート回答にしてもソーシャルメディア上の反応でも、ワークショップやセッションの中身には特に満足度が高い結果になっており、スピーカーの皆さんには大変感謝しています。

f:id:yoshidashingo:20171213181753j:plain

■ Twitterまとめ togetter.com

スポンサー各社からは、非常に高いブースへの立ち寄り/アンケート回収など得られて費用対効果が高かったというフィードバックを多数もらいました。個人的に見ていた範囲でもどのブースも途切れることなく参加者と情報交換がされていたという印象でした。

IMG_5826

また、個々のアンケート回答やスタッフ全員でのKPTふりかえり作業を経て、タイムラインの編成や受付スタッフの教育、英語での案内の少なさといった課題は残ったので、次回に向けてまた頑張ろうと思っています。

写真

今回も素敵な写真たちが仕上がってます、中井さん、加我さん、森田さん、ありがとうございました。文章中にもこちらから選定して掲載させていただきました。

■ Serverlessconf Tokyo 写真集

Serverlessconf Tokyo 2017 | Flickr

プレゼン資料

■ Keynote: Software Productivity and Serverless IMG_5855

www.slideshare.net

■ Keynote: Growing up Serverless IMG_5932

www.slideshare.net

■ Retrofitting your Monolith with Serverless and Design Thinking IMG_6079 speakerdeck.com

■ 真のサーバレスアーキテクトとサーバレス時代のゲーム開発・運用 DSC_9790 speakerdeck.com

■ Step FunctionsとAWS Batchでオーケストレートするイベントドリブンな機械学習基盤 DSC_9766

www.slideshare.net

■ Biz Serverless お客様のビジネスを支えるサーバーレスアーキテクチャーと開発としてのビジネスの課題 IMG_6253

www.slideshare.net

■ Serverless on Google Cloud Platform IMG_6189 speakerdeck.com

■ サーバーレスについて語るときに僕の語ること IMG_5975 speakerdeck.com

■ Continous Delivery Strategy for Serverless world IMG_6020

■ Open source application and Ecosystem on Serverless Framework IMG_6235 speakerdeck.com

■ APIからFirebase Realtime Databaseへ - クライアントサイドから見るサーバーレスアーキテクチャー IMG_6278 speakerdeck.com

■ The mind of Serverless as a Software - Serverlessの世界に特別なことなんて何もなかった DSC_9792

■ サーバレスアーキテクチャによる時系列データベースの構築と監視 DSC_9731 speakerdeck.com

■ Java チームが選択した TypeScript による AWS Lambda 開発 IMG_6099 riotz.works

■ BluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 IMG_6173

www.slideshare.net

LT資料

■ Serverlessとか言う前に知ってほしいDBのこと DSC_9931

■ FaaSで簡単に実現する数十万RPSスパイク負荷試験 IMG_6352

www.slideshare.net

■ OpenSource with Serverless World DSC_9908 speakerdeck.com

■ now IMG_6334

www.slideshare.net

■ 「サーバレスの薄い本」からの1年 DSC_9893

www.slideshare.net

■ イミュータブルなDB設計とサーバーレス IMG_6306

ということで来年もスタッフの皆さん、スピーカーとして話してみたい方々、スポンサー各社の皆さん、よろしくお願いします。

Serverlessconf Tokyo '17 を開催します

セクションナイン吉田真吾@yoshidashingo)です。

昨年に続き2回目の開催

昨年に引き続き Serverlessconf Tokyo を開催します。

f:id:yoshidashingo:20170929184045j:plain

tokyo.serverlessconf.io

サーバーレスを取り巻く世界のイベント開催状況

  • 現在、サーバーレスを主題にしたMeetupグループは世界で100近くあり、主要都市にはほぼある状態。一時期よりも増加傾向は緩やかになっている印象です。
  • グローバルカンファレンスは「Serverlessconf」「JeffConf」「emit」などが開催されています。Serverlessconfの主催はA Cloud Guru、JeffConfはNYCで初回のServerlessconfを主催した、元A Cloud GuruのAnt Stanleyが主催してロンドンで開催し、続いてミラノでの開催をCloud AcademyのAlexが行っています。emitはServerless Frameworkの開発元であるServerless, inc.が主催しています。
  • Serverlessconf Tokyoは私がライセンスを受けてオーガナイズし、コミュニティメンバーの方に協力してもらって開催してます。

先週開催された Serverlessconf NYC について

  • 初回開催時の参加者は260人でしたが今回は460名以上となり、1年半で2倍近くに成長していました。
  • サーバーレスをコアテクに据えたスタートアップが増えている、サーバーレスについて初心者な人も相当数新規参加していた、マイクロサービスとの文脈の統合が進んでおり、分散トレーシングやワークフローのオーケストレーションやデザインパターンなどに関心が高まっている印象でした。

Serverlessconf NYC '17

国内のサーバーレスの文脈はここ1年でどう成熟したか

今年は国内でもユーザー事例が増え、デベロッパーのエコシステムの整備も進み(SIにおけるサーバーレス専業部署の設置など)、ShifterやGS2などサーバーレスをコアテクとするスタートアップの認知度も高まってきています。

サーバーレスの現在の主軸であり基礎を支えるFaaSについては、多くのクラウドベンダーや既存のSaaS事業者がサービスとして展開(多くは○○Functionsというネーミング)してますし、Dockerエンジン上で動作したり、さらにk8sでオーケストレーションできるOpen系FaaSの選択肢も非常に増えました。フレームワークも数が増えるだけでなく、よりサポートするサービスが増え、コンポーネント間の接続性を上げるための機能も充実してきています。

また、FaaSのエコシステムの大幅な台頭以外に、ストリームプロセッシングや分散トレーシング、ジョブのステート管理におけるサーバーレス事例のようなマイクロサービスとの文脈の統合が国内でも進みつつあります。

特にGoogleあたりはCloud FunctionsというFaaSに他社ほど尽力しているように見えないことから、実はサーバーレスやマイクロサービスに関して現状とはもう少し違ったアプローチを見据えてるんじゃないかという想像も働きます。これには個人的に結構期待をしていて、FaaSでPubSubのワーカーを実装するイベントドリブンだけがサーバーレスではないかもしれないという、今後のサーバーレス文脈の広がりを期待できるなと感じています。

ワークショップの充実

今回のカンファレンスはDMM.comラボさんの会場全面協力と、各クラウドベンダーの全面協力のおかげで、非常に多くのワークショップを準備できています。

残念ながらワークショップに参加可能なチケットはすでに売切れてしまいましたが、チケットをすでにお持ちの方は、ぜひ楽しんでください。※ワークショップ選択がすでに昨日より始まってますので忘れずに登録を行ってください。

セッショントークについて

11/3のカンファレンスデーについてですが、大部分をCFPから採択しました。昨年の応募が21件だったのに対し、40件を上回る応募をいただき、スタッフ会議において真摯に選定させていただきました。

採用すべき基準ではあったが類似セッションが多くて採用できなかったものが多くあり、採用できなかったものについても今後Meetupイベントのほうなどで話していただけるような場を設けていきたいと考えています。

体験しないと肌で理解できないことは多い

昨年5月にNYCで開催されたServerlessconfでは、「開発者におけるクラウドネイティブアプリケーションの運用に関するレスポンシビリティ」「実装ノウハウだけでなく運用ノウハウ」「スタートアップビジネスにおけるサーバーレス活用の重要性」など非常にバラエティに富んだ話が聞けたことで、個人的に久しぶりの衝撃を受けました。

それがモチベーションとなって日本での開催につながったわけですが、おそらく単純に公開されたスライドを観たりするだけではここまでモチベーションが高まることはなかったんじゃないかと思っています。実際にその場に行って話を聞いて、さらにアレはこうじゃないかああじゃないかとその場でスピーカーとディスカッションできたことも大きかったと思っています。

今年の Serverlessconf Tokyo では、サーバーレスのサービスを開発したり、アプリを運用しているグローバルなスピーカーが多く参加します。英語が苦手な人でも参加しやすいように同時通訳も準備しています。で、チケットはできるだけ多くの人が参加しやすいようにと格安に設定しています。

※会社でまとめて申請して参加したい方などはお気軽にご相談ください。複数枚の同時購入や請求書/領収書発行などにも個別に対応できると思いますので。

ぜひ自分の目で肌で体感し、疑問点は実際にスピーカーと議論してみるなどしてみてください。きっと今まで気づいてなかった文脈やアプリケーションの将来像などが見えてくるのではないかと思います。

tokyo.serverlessconf.io