東京での勉強会に関する統計的な投機的枠設定(オーバーアロットメント)をやりたい話

サイダス吉田真吾@yoshidashingo)です。

まぁ昔から言われてるんですけど東京で無料の勉強会やると歩留まりが50-60%くらいなんですね。

で、これについてみんな色々とやってるわけですが、

  • 無断キャンセルは次回以降お断り
  • 枠をこまかく分けてモチベーションの高い人は「ブログ枠」「実況枠」などで参加してもらう

あまり参加者全員の利便性を下げるような設定方法はダサいかなという思いもあり、ちょっと前から横浜ではやっていたオーバーアロットメント↓を東京でもちょこちょこやろうかなとしてます。

jawsug-yokohama.connpass.com

横浜は60席に対して80名の枠設定 (+33%)

これについては保守的な歩留まりで枠を設定したうえで、申し込み時点で当日先着順に来場してもらったうえで、入りきれなかった人は立ち見、状況的にそもそももう入れないと判断される場合は入場お断り(スムーズな運営や消防法的な観点から)することに同意しておいてもらうくらいはやったうえでかなと。

都内で無料100人規模で8割来ることはまずないので15%〜20%の超過割り当ては問題ないと思いますし、まぁそこらへんはよしなにやるんで良いのですが、これいちいち主催者がリスク取ってやるのも誰でもできるソリューションじゃないと思うんですね。ということで、できればこれをちゃんと統計取ってある程度安心できる数字を算出できるようにしたいと考えています。

特にまだ何をどうしようかなという話じゃないのですが、経験値的に感じるのは

  • 有料イベントは歩留まりが上がる無料は下がる
  • 人数が多いイベントは歩留まりが下がる30人くらいまでは9割くらいのことも割と多い
  • 会場によっても少し影響を受け 、歩留まりの下がりやすいイベント属性だと、会場の最寄駅、駅からの距離、馴染みのなさなどで噴射的に歩留まりが下がる
  • 数ヶ月前に申し込んだイベントは無断キャンセル率(未参加率と呼ぼうか)が多い。リマインダいくら送ってもあまり変わらない(ただしリマインダにより明示的なキャンセルは増える)

ということから、変数は現状の仮説は以下4点くらいかなと。

  • 有料/無料
  • 人数規模
  • 会場(エリア/駅からの距離/会場自体の初訪問者率)
  • 募集期間、あるいはイベントページのアクセス統計

ということで時間を見つけてこれらの変数を見極めたうえで予測モデルを作りたいなと思ってるところです。一緒に協力してくれる人がいると嬉しいです。というのと、もしこれ私がやらなくても今後もずっと我々が直面する課題であることには変わりないんで。(と、予防線も張っておいてみたり)