読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWSエキスパート養成読本が発売されました

AWS

どうも、セクションナイン吉田真吾@yoshidashingo)です。

本日、AWSエキスパート養成読本が発売されました。

AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus)

AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus)

  • 作者: 吉田真吾,今井智明,大瀧隆太,松井基勝,冨永善視,藤原吉規,大栗宗
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る

経緯

技術評論社の細谷さんと、クラスメソッドの嵩原さんに企画をお誘いいただきました。ありがとうございました。

AWSエンジニアの[新]常識

Webシステムから企業システムまで幅広くAWSを採用することが一般的になってきましたが、その使い方のレベルはまちまちであるのが現状です。

従来のアーキテクチャそのままにAWSを利用することも可能ですが、企業の成長力の下支えから競争力の源泉に至るまでAWSを最大限に活用するためには、その機能性やスケーラビリティを活かし、運用コストやセキュリティも同時に最適化する「アーキテクティング」とその実践が必要です。

この「AWSエキスパート養成読本」では、今現在さまざまなWeb上のサービスや企業システムでAWSを活用している著者を執筆陣に迎え、AWSの使い方の新常識となるアーキテクチャを、実例を挙げて実践的な内容にまとめています。

つまり、本書を手に取り、気になる章を読みながら手元で構築をしてみることで、「サーバーレスなモバイルサービス」や「IoTバックエンド」などが構築できる内容になっています。

また、旧来のアーキテクチャをドラスティックに変更しないまでも、そのメリットを享受できる実践方法について解説してあります。

著者とコンテンツ紹介

  • 吉田真吾
    • Amazon Web Services アーキテクチャ入門〜キーワードは「ニューノーマル」
  • 今井智明さん
    • モバイルサービス編:サーバレスで作る写真サービス
  • 大滝隆太さん
    • IoTバックエンド編:センサーネットワークのバックエンド
  • 松井基勝さん
    • APIサービス編:マネージドサービスだけでスケーラブルなアプリケーションバックエンドを
  • 富永善視さん
    • 機械学習編:Amazon Machine Learningで作るリアルタイム予測API
  • 藤原吉規さん
    • Webサービス編:Amazon Elasticsearch Serviceでお手軽全文検索システム
  • 大栗宗さん
    • 「ニューレガシー」なAWSアーキテクチャ

ぜひご一読ください。