AWS re:Inventまで待てない!re:Play PartyのレジデントDJを大予測!

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

24時間楽しめる AWS re:Invent

AWS re:Inventは他のテクニカルカンファレンスに比べても、非常に技術セッションが多く、かなりAWSの技術に特化して知ることができるのですが、朝早くから夕方までそうやってセッションに参加した後は、さまざまなアフターパーティが用意されており、24時間楽しめるようになっています。
※一般的な国際的なベンダーのテクニカルカンファレンスはどこもそんな感じみたいですね。(re:Invent以外参加したことないけど)

その中の一つが「re:Play Party」です。今年もタイムテーブル上、11/13夜に開催されるようです。

2012、2013のre:Play Partyの様子を振り返ってみる

2012年の様子

一昨年はレジデントDJはおらず、会場中央のDJブースにダンサーがいたり、ライブをしていたりしました。



2013年のre:Play Partyの様子

2013年、去年はdeadmou5がDJをして盛り上げてました。

AWS re:Invent 2013 re:Play party hosted by Intel - YouTube

Deadmau5 at AWS re:Invent on Vimeo


今年は誰がレジデントDJを務めるか

さて、そのre:Play Party、今年は一体誰がレジデントDJをするのか、大胆に予測してみました。ちなみにハズれたり、あるいは企画自体が違うになってても責任は取り兼ねますのであしからず。

概観

  • EDM方面の世界のトップDJはスペインのイビザなど夏のパーティ時期の書き入れ時がちょうど終わり、レギュラーイベントに戻ったり、制作活動に入ったりする時期と推察されるので、re:Inventの時期は比較的呼びやすいのではないかと思います。
  • 出身地やレギュラーで入ってるイベントがラスベガスで、移動が近いなどがあれば呼びやすい可能性も高いと推察されます。(移動慣れしてるからそんなことないかな。)
  • ラスベガスで定期的にイベントに入ってるDJは結構多い。


ということで、とにかく「この時期ラスベガスにいそう」という基準で、可能性が高いと思われる(というか来て欲しい)DJをNo.1から順に紹介しましょう。


No.1 Tiesto

実は昨年、deadmou5が出てくるまで、まことしやかに会場内で言われていたのが「Tiesto来るんじゃね?というか来て欲しいね。来たら何も言うことないわ(的なことが英語で飛び交ってた)」ということでした。さすが30代以降に絶大な人気のTiesto。ぽっと出のDJとはキャリアが違います。

彼のスケジュールを見ると、ラスベガスのWet RepublicやHakkasan Nightclubでのプレイが多数入ってますし、11月中旬はまだ空いているので、ついでに来てくれる率が高いんじゃないでしょうか。というか来てくれ。

No.2 Avicii

彼もスケジュールを見てみると、9月/10月で6回もラスベガスでのイベントが入っています。

ハコはいずれもEncoreというところで、これはWynn Las Vegasというベネチアンホテルの隣のホテル内にあるクラブです。



AVICII - PROMO MIX 2013 - INCLUDING NEW ALBUM TRACKS by AviciiOfficial on SoundCloud - Hear the world’s sounds

このハコ、前回Tシャツで行ってドレスコードに引っかかって入れなかったんですよね。


No.3 Zedd

XSとEncoreで9月10月の予定が入ってるのでぜひ来て欲しいですね。

Soundcloudで公開されたばかりのRudeのRemixがヤバすぎるので現場で聞きたい!!!


ちなみにZeddは日本のEDMシーンの集大成と言われる昨年の安室奈美恵のアルバムでも一曲プロデュースをしていますね。

No.4 Steve Aoki

彼も9月以降Wet RepublicやHakkasan Nightclubでのイベントが入ってますので、可能性は感じる!多分!青木さん!

No.5 Calvin Harris

彼は公式ページにあまりスケジュールが入ってないけど、Wet Republicのスケジュールでは、9月以降、月に何回かイベントに入ることになっています。

あとはAfrojackなどもWet Republicのスケジュールには入ってるけど、実際どうなんでしょうか。
希望的観測ですが、TiestoかZeddあたりは日本でも非常に人気が高いのでぜひ実現してもらいたいと思います。
Intelさん、お願いします。

あと、外に遊びに行ったときのドレスコードのために襟付きのシャツやジャケットと、クラシカルなデッキシューズあたりは忘れずに行きたいと思います。


念のためこちらにも記載しておきますが、申込は9/25までです!