読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazon Route 53にドメインを移管してみた

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

前の記事でドメインの新規取得をしてみましたが、既存のドメインの移管も可能です。


事前準備(1):移管元のレジストラでAuthCodeを入手する

お名前.comの場合

今回はすでにお名前.comで管理しているドメインを移管してみます

1.ドメインNaviにログインする

f:id:yoshidashingo:20140801130306p:plain


2.移管対象のドメインの情報を見る

f:id:yoshidashingo:20140801130341p:plain

※AuthCode欄をメモっておきます



事前準備(2):DNSの情報を入手する

Route 53の場合

このドメインのDNSはすでにRoute 53で運用しているので、引き続きこれを使うために、お名前.comのレジストラにDNSを登録していたように、移管先のRoute 53(内部的にはGandi.net)にも該当のHosted ZoneのNSレコードを登録してあげる必要があります。

1.Route 53 の Hosted Zone から、対象のドメインを選択する

f:id:yoshidashingo:20140801130759p:plain


2.Name Serverレコードをメモしておく

f:id:yoshidashingo:20140801130919p:plain



本作業:ドメインの移管

続いてRoute 53の画面から移管手続きを行います。

1.左のペインから「Domain」を選択し、「Transfer Domain」を押下する。

f:id:yoshidashingo:20140801131018p:plain


2.移管対象のドメインのチェックを行う。

f:id:yoshidashingo:20140801131232p:plain


3.Add to cartしてContinue ※.comはそんなに高くないですね。

f:id:yoshidashingo:20140801131417p:plain


4.事前準備でメモっておいた「AuthCode」と「DNS情報」を入力してContinue。

f:id:yoshidashingo:20140801131524p:plain


5.Whoisの情報を入力する。

f:id:yoshidashingo:20140801131716p:plain


6.最終確認して「規約に同意」して「Complete Purchase」を押下する

f:id:yoshidashingo:20140801131928p:plain


7.これで申請は完了

f:id:yoshidashingo:20140801131958p:plain


8.ダッシュボードに戻ると受付履歴が表示されています。

f:id:yoshidashingo:20140801132114p:plain


9.AWSからドメインの移管に関する確認メールが来るのでacceptしましょう

f:id:yoshidashingo:20140803174205p:plain


あとは数日間、ドメインが移管されるのを待ちましょう。

→後日談:5日後の8/5に `Transferring the domain awskaruta.com to Route 53 succeeded` というタイトルのメールで移管が完了した旨の通知がありました。