読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JAWS-UG Hokuriku (金沢) 第5回勉強会に参加してきました

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

2013.4.13 JAWS-UG Hokuriku (金沢) 第5回勉強会に参加してきました。

お昼に小松空港に着いてから、堀内さん、相羽さん、北陸コアメンバーのみなさんと食べにきた「世界一美味しいカレー、チャンカレ」。実はうちの二人の子どもが産まれた産院から歩いて来られる距離にあり、出産のときにいつも昼ご飯に食べに来ていたゆかりのあるお店でした。

AWS アップデート アマゾンデータサービスジャパン 堀内さん


今週、ネット解禁に向けた公職選挙法改正案が衆議院で可決され、参議院での可決待ちとなったニュースがありました。堀内さんからは、この分野で日本より10年以上先行していると言われるアメリカでの事例「Obama for America(オバマの大統領再選運動)」で利用されたAWSのシステムについて、まず説明がありました。

そして、「AWSの強み」として、仮想サーバー以外に、フルマネージドなサービスやオーケストレーションサービスが提供されていることを説明され、最近のアップデートから、3つの新サービスについて、デモを交えた説明がありました。

Amazon Elastic Transcoder のデモ

Pipeline(経路)と言って、変換したい動画の「入力元」と「出力先」のS3バケットのセットを作成し、「変換レート」「入力元の動画名」「出力先の動画名」を指定すると、変換ジョブが走り、出力先のバケットに「サムネイル画像」や「変換された動画」が出力されます。

Amazon Redshift のデモ

コスト効率の非常によいDWHのサービスとして提供されているRedshiftのデモ。VPCの中にクラスタを構成することなども可能なので、今後企業内でのデータ解析のプラットフォームとしての採用が期待されます。

その他の特徴として、クラスタノードのインスタンスサイズやインスタンス数がいつでも変更可能であること、バックアップを定期的に自動的に取得できること、パフォーマンスの監視ができ、実行されたクエリの詳細まで閲覧することが可能といった説明がされました。

AWS OpsWorks のデモ

システムの構成管理に利用できるOpsWorksの説明。スタックの中に「レイヤー」という層を設定でき、その中のインスタンスに実際に設定を行う部分にChefレシピを指定することができます。

実際に、プリセットで含まれるレイヤーの設定の中身を見ると、Chefレシピが利用されていることが分かります。

VPC内で使えない、t1.microが使えない、ELBが使えないなどはありますが、これから利用シーンが増えてくるサービスになるだろうと期待されています。

ところでそれぞれのサービスの棲み分けってどうなってるの?

構成管理と言えば、CloudFormationやElastic Beanstalkがすでにあるけど、なぜOpsWorksが必要なの?という点。

原典はAWSのCTOであるWernerのブログエントリーを参考にしてください。

  • AWS Elastic Beanstalk:Webアプリケーションを主体とした、便利で最もおまかせ管理なサービス
  • AWS OpsWorks:DevOps自動化をテーマとした、便利でおまかせ管理なサービス
  • AWS CloudFormation:インフラの設計テンプレートを用いた、セルフコントロールなサービス
  • EC2+CloudWatch+Auto Scaling+カスタムAMI:全てをセルフコントロールする方法
その他AWSアップデート

EBSやAMIのリージョン間コピーができるようになったこと、AWS Elastic Beanstalkで使える開発言語が増えていってること、VPCがデフォルトになること、RDSでログファイルに簡単にアクセスできるようになったこと、RDS for SQL Serverのバージョンを簡単にアップグレードできるようになったこと、6年間で30回以上の値下げをしてることなどの説明がありました。

素敵なAmazon CloudWatch JAWS-UG 北陸 松本雄一郎さん


AWS利用料が100ドル超えたら通知メールが欲しいというユースケースに対する、Amazon CloudWatchやSNSの設定方法の説明をされました。

アプリケーションデプロイに AWS Elastic Beanstalk を使って効率化してみた JAWS-UG北陸 中道健一さん


Elastic Beanstalkでアプリケーションをデプロイしてみるデモを交えた説明をされました。
また、デモの待ち時間に、CDP「Web Storage Archiveパターン」を、fluentdを使ったログ収集の実装をしてみた説明がありました。

美人CDPと事例で学ぶクラウドデザインパターン、そして2.0へ cloudpack 吉田真吾@yoshidashingo

今回は30分お時間いただいてましたので、前回よりも、金沢と私のゆかりについて、cloudpackのサービスの内側について、Tsunamiやcloudoptの詳細な説明、フルバージョンの美人CDPについてお話させていただきました。

Android meet AWS JAWS-UG 北陸 @tengai036 さん

androidを活用されているおさむさんによる「AWS SDK for android」のデモを交えた説明。

このLTのために初めてAWSを利用し、android用のSDKからS3を色々触ってみて感じたことなど。おさむさん自身、androidのコミュニティによく顔を出しているそうなので、そっちでもandroid開発者にとってAWSをどう感じるかとかの話をしてもらえると面白いでしょうね。

また、堀内さんもおさむさんも同じゲームにハマってたとか(懇親会でだいぶ盛り上がってましたね。)

クラウド破産が怖いのでEBSについていろいろ調べてみた 植木和樹さん

Skypeのデスクトップ共有をプロジェクターに映す形で向こう側からプレゼン。

昔クラウド破産ということを聞いたけど、そこで言われてた「I/Oが特にヤバい」という点の検証で、5日で25万円分のI/Oを行うためには、20個のEBSスタンダードボリュームを2000IOPSでぶん回し続けないといけないってことね、という Amazon Simple Monthly Calculator から導いた結果。

ただそちらの話よりも、IOPSの測定結果が非常に面白かったです。AWSを使ってて、IOPSという単語は聞くけど、I/Oのブロックサイズが明示されてないので、アプリケーションから読み書きするブロックサイズを替えながら、fioとCloudWatchのIOPSの結果を比較して、ディスクに対してどういうブロックサイズ単位でI/Oをしているのかを推測してみる、という観測結果。アンカンファレンス的で非常に面白かったです。

SES,SNS,SQSを使ったメールマガジンシステム 創屋 高村さん

SESを試してみた結果についてご説明されました。

今後SNSやSQSとの連携も検証していきたいとのこと。

終了後、ロビーでAWSカルタ

JAWS DAYSで相羽さんにお持ち帰りいただいたカルタを実際にやってみようということで、実際にやってみて、盛り上がりました。

※相羽さんのinstagram画像

懇親会で熱く語らう


懇親会は「串揚げひかりや」で、北陸コアメンバーが多く参加されたことから、これからのJAWS-UG北陸を盛り上げるためにやりたいことなどを語りました。今年は JAWS-UG がもう一段大きくなるためのターニングポイントになる年だとみんな実感しており、様々なアイデアを熱く語りました。

雑感

全国の支部では比較的早い段階から活動をされている北陸支部、参加者の多くが熱い思いを持って活動しているという点を特に感じました。私としても金沢は非常にゆかりのある土地なので、これからも様々な活動で協力していきたいな、と感じました。