読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonのクラウドサービス(AWS)を使ってみよう(無料使用枠でできること:S3)解説編

AWS

cloudpackエバンジェリストの吉田です。

AWSのアカウントができたら、無料使用枠の中で何か試したいですよね。

無料使用枠って何?

クラウドサービス 無料利用枠のご案内 にあるとおり、さまざまなサービスについて、お試しの敷居を下げるための無料使用枠が設定されています。

Amazon S3(エススリー) って何?

個人的にオススメのサービスの一つが、オンライン(HTTPでやりとりできる)ストレージ(ファイルオブジェクトの入れ物)である「Amazon S3(Amazon Simple Storage Service)」です。

「Dropbox」のようなサービスです。
実際、Dropbox自体、中身はこの Amazon S3 で運用していることを名言しています。

AWS Management Console から、GUIの操作だけでも様々なことができます。

Amazon S3 でできること

オンラインストレージである性質上、さまざまな用途が考えられますが、まずは以下の2つの使い方をしてみるとよいと思います。

ローカルファイルのバックアップ先として使う

大事な写真とか、ローカルにあるだけじゃ不安を感じますよね。
Amazon S3は、SLA99.9%(※条件があります)、耐障害性99.999999999%(イレブンナイン)のサービスで、2006年のローンチから、現在では1兆数千万のオブジェクトが格納されていますが、いまだに一つのオブジェクトも消失したことがありません。

バックアップ用途であれば、S3に保存したオブジェクトにオプションを指定するだけで、取り出しには数時間かかるようにはなりますが、S3に比べて1/10のストレージ料金で利用できる Amazon Glacier と連携することもできます。

静的なウェブサイトのホスティング

Webコンテナを使用した動的なWebアプリケーションでなければ、S3だけでホスティングすることが可能です。
たとえば、以下のサイトは私がS3に格納してWebサイトにしてあるものです。

では次回は早速、Amazon S3 にローカルファイルをバックアップしてみましょう。