読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazon RDS for Oracle への接続

これまただいぶ前に使ってたきりなので備忘のため私的メモ。

ローカルからのsqlplus接続、およびOracle Enterprise Manager接続する場合について

(1) RDS for Oracle を OEMオプションをつけたオプショングループを割り当てて起動する。

デフォルトのオプショングループにはOEMオプションが追加できないので、新たに一つオプショングループを作成し、それを割り付けましょう。
後からオプショングループを作成して付け替えたり、既存のオプショングループにOEMのオプションを追加した場合、インスタンスのサイズによっては反映まで少し時間がかかる場合があります。

(2) sqlplus で接続する

$ sqlplus [Master User Name]/[Master User Password]@[Endpoint]:[Port]/[DB Name]

※たとえばDBインスタンス作成例に従って作成したインスタンスへの接続は

$ sqlplus awsuser/mypassword@[Endpoint]:1521/mydb

(3) OEM に接続する

https://[Endpoint]:[port]/em/

※たとえばOracleのお作法的にEMポートに1158を指定した場合は

https://[Endpoint]:1158/em/

どのブラウザ(chrome、Firefox、Safari)でも初回アクセス時、証明書の確認ができない旨の警告が出力されます。
そのまま続行すればEM画面が表示されますが、Firefoxについてのみ「セキュリティの例外を承認」しないと接続できないことに注意が必要です。
http ではなく https であることに注意です。


おしまい。